コーヒーの2大品種

コーヒーの2大品種

 

コーヒーの品種は、アラビカ種とロブスタ種のふたつの種に大きく分けられます。

 

アラビカ種は、現在生産されているコーヒ 全体の約60%ほどを占めています。

 

病気に感染しやすいが、飲みやすいのでモカやキリマンジャロなど私たちにとって身近な銘柄のほとんどがアラビカ種です。

 

ロブスタ種はカネフォーラ種とも呼ばれ、病気に強いが、アラビカ種のような甘い香りや明るい酸味が出にくいです。

 

アラビカ種

 

栽培種のほとんどを占める。

 

標高1000〜2000mの高地での栽培に適しています。

 

高地栽培で、手間がかかり、乾燥、霜、病害虫などに弱く、大量栽培が難しい品種。

 

酸味があって風味がよいことから人気が高く、広く流通している。

 

アラビカ種からはティピカやブルボンをはじめとする多くの品種が派生しており、その種それぞれに個性がある。

 

豆のサイズは1.5cm〜2cmほどです。

 

ロブスタ種

 

病気に強いことからアラビカ種を栽培できない地で重宝される。

 

葉が大きく、一本の樹からとれる実が多い。酸味はあまりなく、泥臭い独特の風味がするので、アラビカ種と比べると香味は劣る。

 

低価格のため、インスタントコーヒーや、安価なレギュラーコーヒーの主原料になっています。

 

豆のサイズはアラビカ種よりも小さいです。

 

アラビカ種から派生した主な品種

 

ティピカ

 

アラビカ種の二大品種のひとつ。爽やかな酸味と繊細な味わいが特徴。

 

病気に弱く、生産性が低いマイナス面も。

 

ブルボン

 

ティピカと同様に二大品種のひとつ。ティピカに似ているが、ティピカより生産性は高い。

 

味のバランスがいい。

 

ムンドノーボ

 

ブルボンとスマトラの自然交配によって生まれた。香味はマイルドで、プラ ジルで最も多く栽培されている。

 

カツーラ

 

ブルボンの突然変異種。木がコンパクトなので、密集栽培に適している。酸味や渋味は強い。

 

パカマラ

 

エルサルバドルやグアテマラで栽培されているが、その量は少ない。ティピカのようなきれいな香味が特徴。

 

ゲイシャ

 

生産量が極めて少なく、希少価値が高い品種。華やかで香り高く、爽やかな酸味が特徴。

 

一度飲んだら忘れられない味。