フレンチプレス

バリスタによるフレンチプレスの淹れ方

 

皆さんはドリップコーヒーを飲まれるとき、

 

どのようにして抽出されますか?

 

ペーパードリップがおそらく多いと思いますが、

 

今回は、フレンチプレスという抽出器具を使ってコーヒーを淹れてみましょう!

 

フレンチプレスとその他の抽出器具との違い、

 

詳しい抽出方法は「コーヒーの抽出器具」でご説明しているので、ぜひご覧ください。

 

フレンチプレスを使った淹れ方

 

用意するもの

 

 

 

・ミル

 

・フレンチプレス

 

・水(320mg)

 

・コーヒー豆(15g)

 

※写真の左から時計回りにご紹介しています。

 

 

@豆を挽きます

 

コーヒーの粉は粗挽き用がおススメです!

 

※細挽きのコーヒー豆は、フィルターの目詰まりや圧力過多を引き起こしたり、

 

 コーヒーに豆が混じる原因となります。

 

 

 

A挽いた豆をフレンチプレスに移します。

 

 

POINT

 

マグカップと、フレンチプレスはあらかじめ温めておきましょう!

 

熱が逃げにくくなります。

 

Bお湯を注ぎます。

 

 

POINT

 

熱湯は避けましょう!

 

湯温は90〜96度程度が適温です。沸騰して少し冷ましましょう!

 

また最初、半分ぐらいのお湯を注ぎ、30秒間待ちましょう。

 

これは、コーヒーに含まれている炭酸ガスを抜くためです。

 

30秒間経ったら、残りのお湯も注ぎます。

 

ブランジャーをして、3分半待ちます。(計4分)

 

 

 

 

Cブランジャーを押し下げたら完成です!

 

POINT

 

・4分経ったら、一度ブランジャーを外し、水面をゆっくりかき混ぜてください。

 

 

これは、水面上に浮いてきたコーヒー豆を沈ませるためです。

 

ブランジャーをゆっくり下げること。

 

早く下げてしまうとコーヒー豆が混じってしまいます。

 

Dマグカップに注ぎます!

 

 

マグカップに注ぐ際も、ゆっくりと注いでください!

 

フレンチプレスは底の方が濃くなっているので、

 

人数分を注ぐ時は、交互に少しずつ注いでいきましょう。

 

 

コメント

 

いかがでしたか?

 

意外と簡単ですよね!

 

ぺーパードリップに比べゴミが出ないので後片付けも楽ですよね!

 

また、フレンチプレスを洗う際は、洗剤は使わないでくださいね。

 

ちなみに、わたしはフレンチプレスで飲むコーヒーが一番好きです。

 

その理由は、コーヒーオイルが含まれているので、しっかりとした味が楽しめるからです!

 

ぜひお試しください!