バリスタ

「最高の人生の見つけ方」

 

今回ご紹介する作品は、「最高の人生の見つけ方」。

 

 

 

解説

 

2大オスカー俳優ジャック・ニコルソンモーガン・フリーマンが初共演を果たした人間ドラマ。

 

実直な自動車整備工のカーター(フリーマン)と豪放な実業家エドワード(ニコルソン)は、

 

ガンで入院した病室で出会い、ともに余命半年を宣告される。

 

“棺おけに入るまでにやっておきたいこと”を書き出した“バケット(棺おけ)リスト”を作った2人は、

 

リストを実現させるため人生最後の旅に出る……。

 

監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー。

 

 

スタッフ

 

監督ロブ・ライナー

 

脚本ジャスティン・ザッカム

 

製作総指揮トラビス・ノックス

 

        ジェフリー・ストット

 

        ジャスティン・ザッカム

 

キャスト

 

ジャック・ニコルソンエドワード・コール

 

モーガン・フリーマンカーター・チェンバーズ

 

ショーン・ヘイズトマス

 

ロブ・モローホリンズ医師

 

ビバリー・トッドバージニア

 

作品データ

 

原題 The Bucket List

 

製作年 2007年

 

製作国 アメリカ

 

配給 ワーナー・ブラザース映画

 

上映時間 97分

 

受賞歴 第32回 日本アカデミー賞(2009年)

 

コメント

 

泣けます。死ぬ前に、やり残したことをリストに挙げ旅に出ます。

 

一見、相性が合わなさそうな二人ですが、

 

旅をする中で、友情が芽生えます。

 

自分もこんな人生の最後、憧れます。

 

ほっこりさせてくれる作品。

 

どこにコーヒーが出てくるかと言うと、

 

劇中のリストの中に、「ジャコウネココーヒーを飲む」と記載してあります。

 

ジャコウネココーヒーとは?

 

実は、このコーヒー豆は最高級品と言われております!

 

ジャコウネコとは、インドネシアに生息しています。

 

お顔はこちら!

 

 

可愛らしいですね!

 

そしてこのジャコウネコの大好物が、なんとコーヒーの赤い実なのです!

 

 

ジャコウネコがコーヒー豆を食べるとどうなるのか?

 

ジャコウネコがコーヒー豆を食べることで、

 

ジャコウネコ腸内の消化酵素の働きや腸内細菌による発酵によって、

 

コーヒーに独特の香りとコクが加わります。

 

また、コーヒー豆は消化されずに、フンとして排出されます。

 

 

フンでも飲めます!

 

心配いりません!

 

衛生的にも問題ありません。

 

フンに触れた皮の部分はそもそも使いません。

 

フンはきれいに洗いますし、皮をむき、きれいに洗浄して乾燥させ、焙煎します。

 

そうすると、なんと、美味しいコーヒーが出来上がります!

 

このコーヒー豆、

 

お店で飲むと、一杯5,000円〜8,000円します。

 

豆の購入でも、相場だと100g3000〜5000円します。

 

コーヒーの中でも、生産性が低く、希少価値が高いと言われております。

 

日本でも、ネットや、一部お店で飲めるみたいですよ!

 

ぜひ、一度見つけたら飲んでみてください!

 

※一部、「映画.com」様から引用しております。