ペーパードリップ

ペーパードリップとは

 

ドリップとは、コーヒーの粉に湯を浸透させ、コーヒーの純良な成分を溶解し、浸出させることを言います。

 

※純良な成分とは異質もしくは不快な香味のないもので心地よいものを指します。

 

 

ペーパードリップは、

 

ネルドリップを簡略化したもので、豆の個性をストレートに表現できます。

 

どのローストにも向いています。

 

多くのプロが用いていますし、家庭でも手軽にできる抽出方法です。

 

みなさんの家庭でもペーパードリップを用いる方が多いのではないでしょうか?

 

さまざまな抽出方法の中で最も一般的といえます!

 

ドリップは、抽出とろ過が同時進行していきますので、

 

ドリッパーの構造が香味にかなりの影響を与えると考えられています。

 

また、粉の量や粒度が同じ場合には湯の注ぎ方により、香味が大きく変わります。

 

湯の注ぎ方は常に一定にしておきましょう!

 

ドリッパー

 

ドリッパーの種類

 

ドリッパーは国内外の各メーカーからさまざまなものが沛販されています。

 

抽出する人数分によって大きさが数種類ありますし、材質もプラスチック、 陶器、金属などがあります。

 

 

 

わたしは陶器のドリッパーを愛用しております!

 

ペーパーフィルター

 

各ドリッパー専用のペーパーフィルターがあります。

 

ペーパーフィルターには、漂白をしている白色のものと、漂白していない茶色のものと2種類があります!

 

 

茶色のものは、「みさらし」といわれ、

 

漂白をしないために製造工程や廃棄後、環境にやさしいとされていますが、若干の臭いがする場合があります。

 

コーノ、ハリオの折り方

 

 

コーノ、ハリオの円錐型ドリッパーには、三角形のペーパーフィルターを使います。

 

側面の折り代を折ります。→意外と知らない方が多いみたいです!

 

 

 

セットの仕方

 

ペーパードリップの各器具のセットの仕方は以下の通りです。

 

どのドリッパーでも同じようにセットします!

@サーバー(ガラスのポット)の上にドリッパーをセ ットします。
Aペーパーの折り代を折ってドリッパーにセットしま す。
B粉を入れて、軽くゆすって平らにします。

 

ドリップポット

 

 

湯の注ぎ方を安定させるには、コーヒー専用のドリップポットを用いましょう!

 

一般的なヤカンは注ぎ口が大きく、湯をコントロールしにくいので使わない方がよいでしょう。

 

現在では、さまざまなドリップポットが市販されています。

 

材質は、ホーロー、ステンレス、銅とさまざまで、デザインも多様です。

 

※ホーロー(琺瑯)とはガラス質の釉薬を鉄などの金属表面に被覆して高温で焼き付けた物です。
 wikipedia様より引用しております。

 

良いポットとは

 

注ぎ口が細く、お湯を細く注いだり、その量をコントロールしやすいもの。

 

粉の狙ったところに注ぎやすいもの。大きな放物線を描くものはうまく注げないので避けましょう。

 

1リットル以内のものが使いやすいです!

 

湯がなくなれば、その都度ヤカンから継ぎ足しましょう。

 

重量のあるもの、大きいものは湯でさらに重くなりますので避けましょう。

 

湯の注ぎ方

 

湯の注ぎ方は常に一定にしておきましょう。

 

そうしないとコーヒーの香味を安定したものにすることができません。

 

常に同じ味を出すのが大切ですから、湯の注ぎ方にも注意を払ってください。

 

POINT

 

ポットの中の湯量を毎回一定にしておくと、注ぎ方が安定します。

 

粉面から3〜4cm程度の高さからなるべく垂直に注ぎます。

 

高すぎると狙いが定まらず、勢いがついて充分な成分の抽出ができません。

 

湯を細く、一定の量で優しく注ぎます。細く注ぐとボディ(コク)が出ます。

 

太く注ぐと湯が粉と粉の間をすり抜けてしまい 成分を充分に抽出できず、抜けた味になってしまいます。

 

粉面の中心から外側にうず巻き状に注ぎ、充分に湯を浸透させます。

 

ただし、はじに注ぐと横から湯抜けてしまいます。

 

粉の表面が陥没する前にドリッパーをサーバーか ら外しましょう。

 

液体をすべて落としてしまうと不純物が混じり味が悪くなります。

 

細かい泡が残っていればうまく抽出できたことになります。