フレンチプレス

フレンチプレスとは

 

フレンチプレスとは誰でも簡単に使える便利な抽出器具で日本でも普及しつつあります。

 

実は欧米ではペーパードリップよりも広く普及しています。

 

使い方は簡単でプレス容器に、粉を入れ、湯を注ぎ、4分後にプレスします。

 

湯温は90〜96度程度、粒度は中挽き、 もしくは中挽きから少し粗めです。

 

粉が湯を吸い込みますので、湯量の80〜85%のコーヒーができます。

 

金属フィルターを通し、ろ過され、コーヒーに含まれる成分が充分に抽出されますが、プレス後は余分な成分が抽出されません。

 

金属のフィルターなので、ペーパーフィルターと違ってコーヒーに含まれる油脂分がそのまま抽出され、ボディ(コク)のあるコーヒーができます。

 

素材の味がそのまま出るので、上質のコーヒーを用いて淹れることがおすすめです!

 

若干粉っぽく、カップの底に粉が残りますのが特徴です。

 

フレンチプレスを分解してみました

 

まず分解すると5つになります。

 

 

             ↓

 

 

             ↓

 

 

             ↓

 

 

             ↓

 

 

間違えないように気を付けてくださいね!洗うときは全部外しましょう!

 

下記に実際にフレンチプレスでコーヒーを淹れてみたので確認してみてください!

 

バリスタによるフレンチプレスの淹れ方