ネルドリップ

ネルドリップとは

 

 

ネルドリップとは、

 

「ネル」とは「フランネル」の略で、起毛した織物のことです。

 

実はこのネルの布袋を使ったネルドリップは、ドリップコーヒーの元祖になります!

 

起毛面を外側にして(内側にすると目づまりが起きやすいため)、

 

ネルをはぎ合わせ、円形にし、金属の枠に通した器具(ネルフィルター)を用います。

 

1人から数人分は取っ手を手で持って抽出できます。

 

この器具は市販もされているので、家庭で行う場合は、購入して使いましょう。

 

また、ネル専用のサーバーも市販されています。

 

大量に抽出する場合は、専用のやぐらにネルを張り抽出します。

 

以前は多くの喫茶店がこの方法で大量抽出し、再加熱して提供していましたが、

 

味の劣化は免れず、最近はアイスコーヒーに限定される傾向があります。

 

ネルフィルターの準備と管理

 

ネルフィルターの準備

 

ネルを初めて使用する場合は、5分間くらい煮沸 (しゃふつ)し、ぬめりを落とします。

 

すぐに使わない場合は、清潔な水に浸して冷蔵保存します。

 

ネルの管理

 

@使用後は、せっけんや洗剤は使わずにきれいに洗い、清潔な水に浸して冷蔵保存します。

 

A目づまりを防ぐために数回に一度は煮沸してから保存しましょう。

 

B劣化した味が付着した状態を避けるため、絶対に乾燥させないでください!

 

C50回程度使用したら、新しいものに替えましょう。

 

ネルドリップの抽出

 

抽出の基本は、ペーパードリップと大きな違いはありません!

 

湯温は90〜96度程度で、粒度は中挽き、もしくは中挽きよりも少し粗めです。

 

香味はペーパー にくらべ柔らかくなる傾向があるので、苦味の強い深いローストに向いていますね!