バリスタ

コーヒーの保存方法

 

みなさんはコーヒーの保存をどのようにしていますか?

 

コーヒー豆の入った袋を開けた時から酸化は始まっています。

 

酸化が進めばコーヒーの味は悪化してしまいます。

 

しっかりとした保存方法を学びましょう!

 

経時変化

 

コーヒーは、豆の状態にくらべ、粉の状態の方がはるかに早く経時変化します。

 

コーヒーは、ロースト後すぐに炭酸ガスと香り成分が放出されてしまいます。

 

また、コーヒーの成分は、湿度、光、外気温度などの影響を受けて経時変化します。

 

ロースト豆や粉の水分値は、3〜4%程度と低く、吸湿性が高く、湿度の高いところでの保管は不向きとなります。

 

紫外線も風味に影響を与えると考えられ、直射日光、蛍光灯の光の下は避ける方が良いでしょう。

 

商品の包装

 

コーヒーの経時変化を止めることはできないため、

 

コーヒーの長期保存のために水分、空気、光を遮断するガスバリア性の高いさまざまな包材が開発されてきました。

 

また、脱酸素材や窒素充填などの方策もとられています。

 

保存方法

 

コーヒーの取扱いは、生鮮品のように考えるべ きで、短期間で飲みきってしまうことが望まれます。

 

止むを得ず長期保存をする場合、最良の保存方法は、冷凍庫に保存することでしょう。

 

ただし、冷凍庫に保存する場合であっても、ローストしたての新鮮なコーヒーでなければ意味がありません。

 

(粉の場合はすぐに密封容器に入れ、冷凍庫に保管します。

 

ただし、使用する度に冷凍庫から出し入れして空気に触れてしまいますので、

 

少しずつ吸湿して経時変化します。それでも1か月程度は新鮮な状態の香味を楽しむことができます。

 

ロースト豆の場合

 

すぐに密封容器に入れ、常温で2週間は新鮮な香味を楽しむことができます。

 

それ以上の期間を保管する場合は、冷凍庫に入れた方が良いでしょう。

 

注意点

 

冷凍庫で保存する場合は、密封容器に入れるか袋を2重にすることで保存性が高くなります。

 

冷凍庫から出した際に、豆や粉の温度が低くなっていますので、

 

抽出の際には湯温を1〜2度高めにするように心掛けて下さい。

 

コメント

 

しっかり密閉できることが大事です!

 

ふたがしっかりしまって密閉できる容器に保存しましょう。

 

密閉性に優れ、豆の中も見えてインテリア演出にも向くビンもおすすめです。

 

そしてできるだけ早く飲むように心がけましょう!

 

わたしはコーヒー豆を買うときは豆の状態で100gにしています。

 

せっかくおいしいコーヒー豆の味が劣化してしまうのはもったいないですよね!

 

改めてですが、

 

保存するときは密閉容器に入れること。

 

暗く涼しいところで保管しましょう!

 

わたしはいつもキャニスターに入れています!

 

キャニスターもデザインがいろいろあってコレクションになりますよね。