ミル

コーヒーの粉砕

 

コーヒーは、豆のままでは抽出ができませんので、粉砕して粉状にします。

 

これは、豆から粉にすることで表面積を拡大し、成分の抽出効率を高めるために行います。

 

この粉砕する機械をミルといいます。

 

一般的なミルは、固定刃と回転刃により、豆を砕いたり、すりつぶしたり、切ったりします。

 

おいしいコーヒーを飲みたいなら、必ず飲む直前に挽くようにしましょう。

 

焙煎したての新鮮な豆を挽 くと香りが立ち昇ってくるのがよく分かります!

 

コーヒーは粉にすると急速に酸化が進み鮮度が落ちていきます。

 

なので粉にしたらすぐに抽出を始めましょう。

 

時間を置いてしまうと香味がなくなってしまいます。

 

ミル

 

ミルは家庭用と業務用のほか、

 

大きく手動式と電動式に分けられます。

 

家庭用ミルは、大型の価格の高い業務用ミルにくらべると性能は劣る部分もあります。

 

しかし、パッケージなどで販売されている挽いてから日数の経った粉よりは、

 

家庭用ミルでも挽きたての方がはるかにすばらしい香味になります。

 

ミルの性能の特徴は、次の通りです。

 

 

@均一に砕ける

 

A粉砕速度が速い

 

B熱による粉への影響が少ない

 

C微粉が少ない

 

 

中でも粉が均一に砕けることは重要です!

 

粗大の粉と微粉が混在すると、抽出の際に、香味の均一性を損なう要因となります。

 

家庭用に販売されているミルは、大別すると電動式のものと、手動式のものがあります。

 

電動筒型ミル

 

短時間でさっと豆を粉にできます。

 

電動式で最も普及品しているミルとして、羽根が回転し豆を砕くブレードミルがあります。

 

 

このタイプは、粒度(粉の引き具合)が安定しにくいため多少の工夫が必要になります。

 

以下のように操作することがポイントです。

 

 

@豆が羽根に均一に当るように、ミル全体を回すように振りながら挽きます。

 

A途中で一旦止め、どの程度の粒度かを確認します。

 

B再度振りながら、適当な粒度にします。

 

 

その他の電動ミル

 

小さな喫茶店などでの使用も可能です。

 

一般家庭用としては、このタイプのものがあればかなり贅沢で六粒度を調整するダイヤルがついています。

 

微調整もできますので、コーヒーの大好きな方にはお薦めします。

 

手動ミル

 

手動式は多くのミルが販売されています。

 

粒度の安定性は低いですが、粉を挽く感触が手に伝わり、その香りを楽しむことができます。

 

多人数分を挽くには、多少手間がかかりますが、コーヒーを飲む雰囲気を盛り上げてくれます。

 

様々なデザインのものがありますので、インテリアとしても楽しめます!

 

置いてあるだけでおしゃれな雰囲気が味わえます!

 

コーヒーファンならば、一台は持っておきたいですね。

 

 

ミルの手入れ

 

コーヒーの油脂分や微粉が刃に付着しやすく、固まってしまいますので、こまめに竹串やハケできれいにしましょう。

 

また静電気で薄皮などがミルに付着しますので、それも掃除しましょう。

 

そのままにしておくと、せっかく新しく挽いた粉に悪影響を及ぼして香味が劣化してしまいます。

 

コメント

 

わたしは家庭ではカリタの電動ミルを使っています。

 

操作も簡単で均一に挽けるので重宝しています!

 

ただ挽き終わってコーヒー豆を移すときにミルに残るコーヒ豆にいつも困っております、、

 

ミルを選ぶ時のポイントは、

 

いくつかありますが美味しいコーヒーを飲むためと考えるのであれば

 

均一に砕けるものを選ぶのがおすすめです!