コーヒー

コーヒーの粒度

 

自分好みの粒度(メッシュ)を見つけましょう!

 

ローストした後に、豆を粉砕しなければ、いくら湯を注いでもコーヒーは抽出されません。

 

コーヒー豆は、ミルで粉砕することにより、表面積を広げて抽出効率を高めます。

 

しかし、豆は粉砕してから、香味成分の放出のスピードが早まり劣化も進みます。

 

飲む直前にコーヒー豆を挽き、新鮮な状態で抽出することが,おいしいコーヒを飲む、なによりの秘訣です。

 

 

コーヒーの粉砕について

 

また、 豆の挽き方によってもコーヒーの味は左右されます。

 

抽出する道具によっても適切な豆の挽き具合があるので、

 

自分の好みと、使う道具を照らし合わせて最適な豆の挽き方を身につけましょう。

 

豆を挽いたときの粒の細かさを「メッシュ」 と呼びます。

 

大きく下記4段階に分類されます。

 

下記では、粒度と相性のよい抽出方法を紹介していますが、

 

実はどの挽き方にも共通して微粉と呼ばれる細かい粉が発生します。

 

雑味やえぐ味の原因となるので 微粉の発生が少ないミルを採用することが重要になります。

 

一般的には、ロースト豆は粒度を細かくすれば

 

湯に触れる表面積が増えるため、成分の抽出は早まります。

 

その分、苦味を感じることも多くなります。

 

粗ければ、表面積が少ないため、成分の抽出に時間がかかります。

 

その分、苦みが弱く酸味を感じやすくなります。

 

粒度が細かい場合

 

表面積⇒多い

 

苦味  ⇒強い

 

酸味  ⇒弱い

粒度が粗い場合

 

表面積⇒少ない

 

苦味  ⇒弱い

 

酸味  ⇒強い

 

粒度は抽出の方法、抽出の時間、湯の温度とも関係します。

 

まず始めに覚えることは、それぞれの抽出方法(抽出器具)に適した粒度は何かということです!

 

極細挽き

 

最も細かい粒度で、エスプレッソマシン向きです。

 

パウダー状で、グラニュー糖より細かく、家庭用ミルでは挽くことが困難です。

 

エスプレッソ専用のミルで挽いた方が均一に挽けます。

 

細挽き

 

グラニュー糖くらいの粒度です。

 

抽出時間は長く、苦みが強い仕上がりになりますので

 

一部苦味を強調したいドリップコーヒー、アイスコーヒー、水出しコーヒーなどで使用されます。

 

中挽き

 

グラニュー糖よりも、やや粗めの粒度。

 

中挽きを基準にすると粒度を調節しやすいです。

 

苦みが出すぎない仕上がりになります。

 

ドリップコーヒー、コーヒーメーカー、サイフォンなど多くの抽出方法に対応できます。

 

中挽きを基準にして、抽出方法に合わせて挽き具合を微調整していきましょう!

 

粗挽き

 

グラニュー糖より粗めの粒度。

 

抽出時間が短く、さっぱり仕上がります。

 

粉を多めに使用したドリップコーヒー、パーコー ター、フレンチプレスなどに向きます。

 

豆は正確に挽けるように身につけましょう!